苔遊手作り園芸の里秋葉産の苔玉 さくら 苔玉 ブランド品 旭山 新潟 苔遊 販売時期11月から1月 1650円 苔遊手作り園芸の里秋葉産の苔玉 さくら 苔玉 旭山 苔遊 新潟 【販売時期11月から1月】 花・ガーデン・DIY 花・観葉植物 観葉植物 苔遊手作り園芸の里秋葉産の苔玉 さくら 苔玉 ブランド品 旭山 新潟 苔遊 販売時期11月から1月 1650円,【販売時期11月から1月】,苔玉,新潟,旭山,さくら,苔遊手作り園芸の里秋葉産の苔玉,花・ガーデン・DIY , 花・観葉植物 , 観葉植物,苔遊,ttbunkyo.com,/comicodidactic1464333.html 1650円 苔遊手作り園芸の里秋葉産の苔玉 さくら 苔玉 旭山 苔遊 新潟 【販売時期11月から1月】 花・ガーデン・DIY 花・観葉植物 観葉植物 1650円,【販売時期11月から1月】,苔玉,新潟,旭山,さくら,苔遊手作り園芸の里秋葉産の苔玉,花・ガーデン・DIY , 花・観葉植物 , 観葉植物,苔遊,ttbunkyo.com,/comicodidactic1464333.html

苔遊手作り園芸の里秋葉産の苔玉 新到着 さくら 苔玉 ブランド品 旭山 新潟 苔遊 販売時期11月から1月

苔遊手作り園芸の里秋葉産の苔玉 さくら 苔玉 旭山 苔遊 新潟 【販売時期11月から1月】

1650円

苔遊手作り園芸の里秋葉産の苔玉 さくら 苔玉 旭山 苔遊 新潟 【販売時期11月から1月】












苔遊手作り園芸の里秋葉産の苔玉 さくら 苔玉 旭山 苔遊 新潟 【販売時期11月から1月】

私達が大切にしていること

医学や医療技術は常に進歩します。私たちは常に最先端の歯科医療技術を皆様の健康のためのお役に立てることができるように研鑽を続けています。お口の健康は同時に心身の健康です。惑星の構造が分子の構造と自己相似性(フラクタル性)があるように、私たちの心身の情報は口にあって、さらに血液に集まっています

歯周病や虫歯が改善されるためには心身の健康状態が大切で、心身が健康だと口の中の環境も整うのです

そのため、東洋医学をはじめとする代替医療の研究も積み重ねて参りました。

虫歯で失われる歯が50%、歯周病で失われる歯が50%です。

歯を失う原因は侵襲因子の「細菌」と防御因子の「心身のコンディション」です。

歯を失う主な原因は虫歯と歯周病

歯や歯周組織の仕組みや役割を知ることが、心身のコンディションを整える第一歩です。

詳細はこちら

当院のコロナウイルス感染防御対策

  • 二酸化塩素を噴霧して、待合室、診療室を丸ごと除菌
  • 空調によるオゾン除菌
  • 抗ウィルスフィルター(インナーマスク)、噴霧用二酸化塩素、次亜塩素酸の販売→詳しくはコロナウイルス対策 商品のご案内
  • 診療前に口腔内を次亜塩素酸でうがい
  • ご来院の患者様(付き添いの方含む)すべての方に検温をお願いしております

※二酸化塩素:アメリカでは浄水に使います。除菌力が持続し、飲み込んでも安全です。当医院で体内の潜在感染を改善する効果について次亜塩素酸とともに20年前から研究しています

※次亜塩素酸:一般的な次亜塩素酸のようにナトリウムの混入がなく、機器を腐蝕せず1年程度安定しています。白血球が出す抗菌・免疫物質です

お知らせ

blogを更新しました。 [2021.06.28更新]
6/26 上毛新聞に掲載されました!
blogを更新しました。 [2021.03.30更新]
院長ブログ「血液検査について」
blogを更新しました。 [2021.02.15更新]
2/28(日)まで 清水英寿「ドールワールド展」開催中
ゴールデンウィークの診療について [2020.05.01更新]

5/3(日)~5/6(水) ゴールデンウィークのため休診となります。

5/7(木)から通常通り診療いたします。

ホームページをリニューアルいたしました。 [2020.03.19更新]

ホームページをリニューアルいたしました。今後もより、情報の充実に努めてまいります。

交通案内

〒370-0077
群馬県高崎市上小塙町1066
電車でお越しの場合・・・JR高崎駅からタクシーで約15分
バスでお越しの場合・・・市内循環バスぐるりん「JA六郷支店前」停留所 徒歩2分
お車でお越しの場合・・・ハナミズキ通り商店街沿い
苔 スナゴケ 苔 スナゴケ 【スナゴケ大トレー】

診療時間

診療時間
9:00〜12:30
14:00〜18:30

○の診療日が祝日の場合、その週の※木曜日は診療日となります

休診日:木曜日・日曜日・祝日

書籍のご案内

病気の原因は栄養欠損が9割
分子栄養医学を超えた抗老化健康術

これまでの2万人の口腔内所見と口腔内顕微鏡像、そして2000人の血液検査および尿検査から得られたデータをもとにまとめられたのが本書。
口からはじまる全身の健康管理から、体調不良の原因となるタンパク質の不足、タンパク質の吸収を阻害している胃の萎縮の問題、皮膚免疫と腸管免疫の関係などを解説しています。
これまで常識とされていたり、もてはやされたりしている健康法が、必ずしも万人に合うものではないことが、よくわかる一冊となっています。