ドローダウン 地球温暖化を逆転させる100の方策 イントロWS


プロジェクト・ドローダウン「地球温暖化を逆転する100の方策」の概要を紹介するワークショップです。
・地球温暖化の逆転の可能性について私たちはどこにいるのか?
・ドローダウン紹介:地球温暖化に対して何か可能なのか?
について、映像を見たり、参加者同士でシェアリングをしたりしながら学んでいきます。

【日時】2019年11月6日(水) 19:00~21:30(開場18:30)
【会場】Studio Altair(スタジオ・アルタイル)
東京都文京区小石川3-19-13 KTビル3F
http://altair.work/studio/access/
最寄駅:東京メトロ 後楽園駅より徒歩8分/都営地下鉄 春日駅より 徒歩5分
【参加費】無料
【主催】ドローダウン・ジャパン/トランジション・タウン 文京
【お申し込み】
https://www.facebook.com/events/939129383116357/ Facebookイベントページからメッセージをお送りいただくか、お問い合わせフォームからお申し込みください。

<プロジェクト・ドローダウンとは? >
アメリカの事業家で作家でもある環境活動家のポールホーケンがプロジェクトを結成。地球温暖化対策の100の方策をリスト化 し、2020年~2050年の30年間でどれくらいの効果を上げられるか見極めることが目 的。
100の方策(温室ガスの放出を抑える方策、および吸収する方策)について、70名 の研究者が22ヶ国から参加し、データ収集、研究、シミュレーションを実施。 さらに、その結果を120名のアドバイザーが再評価し、確認した

ドローダウン・ジャパン
https://peraichi.com/landing_pages/view/drawdown

<ファシリテーター>
鈴木 核
自動車メーカーに勤務中より「地球上のすべての人が、環境的に持続可能で、社会的に公正で、精神的に充足した生き方を実現すること」を目指しNPOセブン・ジェネレーションズを設立・運営。早期退職制度で退職後はその運営を続けながら、リオの地球サミットに参加したり、循環型社会を目指すトランジションタウンいちかわの立上げなどに取組んでいたが、今後の世界にとって重要であるアフリカのことを何も知らないと思い、2016年3月より妻も巻込み、シニア海外ボランティアとして2年間、経営管理職としてザンビアに赴任。2018年に帰国後、DRAWDOWNプロジェクトと出会い、日本で広める活動を始めた。その他、派遣前から取り組んでいた高校でのキャリア教育ワークショップや、地域の人たちをつなぐワークショップを開催している。